月1錠食べさせること|ストロングハートの使い方!フィラリア症の予防をしてあげよう

月1錠食べさせること

茶色の薬

薬には「毎日食後に1錠」など用法用量の基本的な決まりがありますが、ストロングハートも同じ。通販で買うことができる製品はひと箱に6錠入っているというのが一般的ですが、これは6ヶ月分のストロングハートということになります。つまりこの薬は「毎月1回投与」の薬なのです。フィラリア症の予防効果は1錠につき1ヶ月ほど続くので、月に1回の投与で十分にOKということになります。
ところで、フィラリア症について説明したページでは「夏の間に投与すること」と書きました。フィラリア症は蚊が運んでくる寄生虫によって発症する病気なので、蚊が飛んでいる時期に特にしっかり予防を行わなければならないからです。ただ、「夏の間」と聞くと6~8月あたりをイメージする人が多いと思います。
「じゃあ6錠もいらない、3錠でいいじゃないか」と、そのような声も聞こえてきそうです。しかし蚊は、特に最近は初夏も熱いしいつまで経っても晩夏は続くし、という状況であるためか、5月頃から10月頃まで飛んでいます。つまり6ヶ月間です。というわけで、ストロングハート6錠入りひと箱で、1年分のフィラリア症予防が可能ということになるわけです。
また、ストロングハートはミート、チキンなど犬が好む味、そして香りがついているチュアブル(おやつ)錠となっています。
ご飯に混ぜて「食べさせる」ということが必要です。小さいおやつをあげたら噛まずにのんでしまうという犬にあげるときは、細かくしてドッグフードにまぜてあげると効果的です。