たくさんの種類の薬
薬のシート

夏の間の予防

フィラリア症の予防効果があるストロングハートは蚊が飛び回っている夏の間に服用させるべき薬です。フィラリア症の原因になる寄生虫は、蚊が運んできて犬の血管に注入してしまうのです。

茶色の薬

月1錠食べさせること

ストロングハートは「食べる薬」です。月に1回、犬のごはんと一緒にあげることが必要です。錠剤をのみこんでしまう犬には、「細かく砕いてあげる」などの工夫をしてあげるといいでしょう。

犬を飼うときの心得

瓶から出す白いカプセル

可愛くて賢くて優しく忠実な犬、ペットに選ぶという人も多いと思います。
いったん選んで飼うことにしたなら、やっぱり大切な家族の一員になるということで、彼もしくは彼女の暮らしが快適であるように、美味しいドッグフードを買ってあげたり寝床をつくってあげたり、散歩をしてあげたり……いろいろやるべきことはありますが、ここでは彼、もしくは彼女の健康について考えたときに私たちがすべきことをひとつ、取り上げたいと思います。それはフィラリア症という病気に対する予防のコト。
フィラリア症、と聞くと私たちにとっては縁遠い病名なのであんまりピンと来ないと思いますし、実際、フィラリア症は今日本に住んでいる私たちが心配する必要がない病気です。東南アジアあたりでは人間も感染してしまうことがあると言われていますが、少なくとも日本では大丈夫なのです。しかし犬にとって話は別で、日本のフィラリア症は犬に対しては特に夏、ひそかに猛威をふるいます。
そこで、夏、フィラリア症の感染が高まる時期に病気の予防薬を与えてあげることが必要です。
フィラリア症の予防薬としては、高品質で効果も高い、しかもおもとめやすい価格で販売されているストロングハートという薬があります。
ストロングハートは、犬を始め猫などのペット用の医薬品を扱っている通販サイトで購入できます。フィラリア症の原因になる寄生虫を駆除する働きを持つ成分が主成分となっている寄生虫駆除薬です。
とはいえ、ストロングハートもやっぱり薬なので用法用量の決まりとか、あげるにあたって気をつけなければならないことがあります。
ここではストロングハートの「使い方」についてまとめています。これから犬を飼うとき、注意してみてください!

MENU

ピルケースに入っている薬

病院に行くこと

ストロングハートの購入自体は便利な通販で行うことができますが、1回目の投与の前に必ず病院に行くようにしましょう。動物病院で診てもらい、投与してOKとなって初めてあげましょう。

ピンクのカプセル

コンテンツ一覧

「ストロングハートの使い方!フィラリア症の予防をしてあげよう」の記事一覧です。